シャープの大規模リストラ

シャープが大規模なリストラを行っているそうです。

シャープ追加リストラ:金融支援、数千億円で最終調整

毎日新聞 2012年08月18日 02時30分

 シャープが主要事業の売却を含む追加リストラ策を迫られている。エアコン、複写機事業などが売却候補に挙がっているほか、スマートフォン(多機能携帯電話)向け液晶パネルなどを生産する亀山工場(三重県亀山市)の分社化案も浮上している。シャープは主要事業の切り離しを最小限にとどめたい方針だが、金融機関などは抜本的な収益改善策を迫っており、外堀は埋められつつある。

 シャープ幹部は17日、エアコン、複写機事業の売却報道について「まったく検討していない」と強調。亀山工場の分社化についても「ない。足元は苦戦しているが、将来的には一番競争力があり、(分社化して他社の出資を受け入れるのは)我々の方針と反する」と否定した。

 ただ、今のシャープに大幅な事業拡大が期待できる分野は少ない。六つある事業分野のうち、12年3月期決算で営業黒字を達成したのは、白物家電などの「健康・環境機器」など3分野。いずれも事業規模が小さく、同社の売り上げの大半を占める「AV・通信機器」「液晶」は赤字が続いている。

 同社は6月に発表した経営戦略で、スマートフォンの中国市場投入や、太陽光発電事業など重点分野の売り上げ構成比を現状の4割から6割に引き上げる目標を示したが、資本・業務提携を結ぶ台湾の鴻海精密工業の協力が前提になっており、再建の成否は事実上、鴻海に握られている。シャープの業績低迷による株価下落を受け、鴻海の出資比率が当初想定していた9.9%から20%に高まれば鴻海の主導権がさらに強まるのは確実だ。

 さらに、ここにきてシャープの資金繰りに対する不安も高まっている。出資比率の見直しなど鴻海との協議が長期化し、運転資金としてあてにしていた鴻海からの払い込みがいつ完了するか見通せないためだ。シャープは取引金融機関につなぎ融資や、数千億円規模の融資枠(コミットメントライン)設定を要請しているが、「金融機関の発言力が増すほど、シャープに対するリストラ圧力が強まる」(アナリスト)とみられる。

 実際、主力銀行側は「大幅なリストラに踏み込まなければ、経営のV字回復は見込めない」(大手銀幹部)として、シャープが難色を示すエアコン、複写機などの主要事業売却や、亀山工場の分社化などを求める動きを強めている。

 既に海外の大手コンサルティング会社なども交え、事業ごとの資産査定が始まっているが、13年3月期の連結決算で2500億円規模の最終赤字を見込むシャープの収益構造を改善するには、人員削減の拡大や不動産の売却だけでは「とても間に合わない」との厳しい見方を固めつつある。今後の協議次第で、黒字部門の事業売却も現実化する可能性がある。【宮崎泰宏】

引用元: シャープ追加リストラ:金融支援、数千億円で最終調整 (毎日jp)

2500億円という赤字は途方もない金額です。軽く国家予算規模ですね。この様な赤字をどうやって埋めて行くのでしょうか?

エアコンや複写機という分野は、シャープに取っては、昔からやっている事業の主要部門ですね。私の家にも昔、シャープのエアコンがあり、故障もせず、なかなか性能が良かったという記憶があります。

思えば、シャープの製品はあまり故障しませんね。私の家では、電子レンジもシャープのものを使っていますが、一度も故障したことがありません。安い電子レンジですが、ちっとも故障しないのはすごいと思います。

シャープの複写機は、コンビニなどでよく見かけます。聞くところによると、他社に比べてかなり安いらしいです。海外でもシャープの複写機はシェアが圧倒的に高いという話を聞いたことがあります。

複写機の性能はメーカーにより違いがあるらしいのですが、最近の複写機はデジタル化しているので、あまり差がないかもしれません。アナログの時代では、写真などの画像の複写性能がメーカーにより違っていて、カメラなど、光学機器のメーカーであるキャノンが強かったみたいです。シャープの複写機だと、写真がきれいにコピーできなかったらしいです。デジタル化した今だとどうなのでしょうか?

他にシャープの製品で私の家で使っているものは、冷蔵庫があります。三菱電機の冷蔵庫が10年ぐらいで壊れて、その後、シャープの冷蔵庫に変えました。内部が小さなケースの集合みたいになった冷蔵庫で、よく冷えて、保冷能力は高いのですが、出し入れがちょっと面倒です。冷蔵庫の扉の開け閉めが多い家庭では役に立ちそうです。こういう製品を見ていると、シャープというのは、変わったことをやるメーカーと言えるかもしれません。

シャープと言えば、液晶テレビですね。液晶テレビに社運をかけたメーカーだと聞いています。シャープの液晶テレビは、業界で最も性能が高いそうです。特に画質の良さは抜群です。電器店に行くと、シャープの液晶テレビをよく見かけますが、さすがに画質がいいですね。ソニーの液晶テレビなんて買えません。ソニー好きのお父さんの家の人に聞いたら、ソニーの液晶テレビがコントラストが強すぎて、全然画質が良いとは思えないと言っていました。

とはいえ、私の家にはまだ液晶テレビはなくて、ブラウン管テレビのままです。何と言っても、液晶テレビとブラウン管テレビを比較すれば、圧倒的にブラウン管テレビの方が画質がいいです。この差は永久に埋まらないのではないかと思います。特に2000年以前に製造されたブラウン管テレビって恐ろしく画質がいいです。まあ、ブラウン管テレビが全部壊れたら、液晶テレビを買いますが、私の家では、すでにシャープの液晶テレビを買うことに決定しています。

だから、シャープにつぶれてもらうと困るので、ここは一つ頑張ってほしいです。三重県亀山市の亀山工場というのは、そのシャープの液晶テレビを製造しているところです。分社なんてもってのほかです。

シャープ:従業員数千人追加削減を検討

毎日新聞 2012年08月18日 02時30分

 シャープが経営再建策の一環として、新たに数千人程度の従業員の削減を検討していることが17日、明らかになった。当初計画の5000人削減と合わせ、削減人数は従業員の約2割に当たる計1万人規模に達する可能性もある。また、台湾・鴻海精密工業との資本提携に絡み、鴻海がシャープへの出資比率を当初予定の9.9%から約20%に引き上げることを提案していることも判明した。リストラの徹底で赤字体質から脱却し、資本の確保で生き残りを図る。

 また、主要取引銀行はシャープの当面の資金繰りに万全を期すため、約600億円のつなぎ融資を実行する見通しとなった。

 シャープの連結従業員は約5万7000人。今月2日に創業以来初の大規模なリストラとなる約5000人の削減に踏み切ることを公表した。しかし、今期も巨額の最終(当期)赤字に落ち込む見通しとなり、「リストラが不十分」といった市場の見方から株価は急落。空調や複写機などの主要事業が売却対象に浮上したのに伴い、従業員の削減を大幅に積み増す検討に入った。

 また、鴻海の出資比率の引き上げをめぐっては、今年3月、鴻海がシャープの株式を1株550円で取得し、9.9%出資することで合意。だが、業績回復の遅れで株価は200円以下に低迷。550円で買い取ると損失を被る鴻海は、出資比率の引き上げと、株の取得価格の引き下げを要求している模様だ。

 1株当たりの買い取り価格が下がれば、シャープが受け取る金額は当初予定の約669億円から目減りするが、出資比率を上げれば補える。【鈴木一也】

引用元: シャープ:従業員数千人追加削減を検討 (毎日jp)

5万7千人も従業員がいれば、そう簡単に倒産させるわけにも行かないでしょう。しかし、これだけたくさんの従業員をかかえていると、必要のない人間は山ほどいそうです。5000人削減というのは、他の企業と比較すると、ずいぶん小規模ではないかと思います。赤字が2500億円では、2万人ぐらい削減することもやむを得ないと思います。リストラで従業員数を半分以下にした会社はたくさんあります。

それよりも日本の大企業の賃金が高すぎるのではないでしょうか?海外とまともに競争して行くには、競争相手の国と同等レベルの賃金でなくてはいけません。そうすれば、利益もたくさん出るでしょう。日本は、最低賃金を廃止しないと、このままでは遅かれ早かれ経済が死んでしまいます。

後は、優秀な人物がたくさん輩出する様な教育に変えて行くことです。日本は最近20年ぐらいろくな人物が出ていません。人材の枯渇状態ではないかと思います。一番悪いのは、宿題の出し過ぎでしょう。優秀な人物を出すためには、宿題や補習授業は追放すべきです。

それにしても、バブル崩壊後の日本は、どこの会社もリストラ、リストラですね。先日、クラス会に行ったら、初めてリストラの話題で持ちきりでした。数年前のクラス会の時は、「リストラの中で生き残った」という話を聞かされましたが、今回は「リストラされてしまった」という話ばかり聞きました。みんな大変みたいです。

シャープと同業のサンヨーに就職した知人も、「リストラされる。」と言っていました。サンヨーは、今年7月ぐらいまでに電池部門を残して、全部、事業をやめてしまったそうです。もはやサンヨーは、ただの電池屋さんでしかありません。そう言えば、サンヨーの製品には、エアコン、冷蔵庫、掃除機、テレビ、DVDプレーヤー、ビデオデッキなど、主要な電気製品が全部ありましたね。デジカメもすでにサンヨーブランドでは販売していないそうです。「デジカメ」というのは、サンヨーの登録商標で、他の会社では使えないのに、悲惨ですね。

何年か前には、お医者さんをやっている知り合いの女性も「リストラされるかもしれない。」と言っていました。本当に今の世の中、何をやっていても、失業の可能性は大きいです。ここで大きな転換を行わない限り、日本に未来はないような気がします。

[ シャープの大規模リストラ ]社会2012/08/18 08:30