北朝鮮が日本に対し無条件降伏を要求

昨日、北朝鮮が日本の領空を通過する様にミサイルを発射したそうです。

日本列島を通過、北海道東沖に落下 安倍晋三首相「深刻かつ重大な脅威だ」

 北朝鮮は日本時間29日午前5時58分、首都平壌の順安(スナン)区域付近から弾道ミサイル1発を北東方向に向けて発射した。ミサイルは、北海道・渡島半島と襟裳岬の上空を通過した後、6時12分、襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下。小野寺五典防衛相は5月14日に発射された中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性を示唆した。安倍晋三首相は「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と述べ、北朝鮮の脅威が新たな段階に移ったとの認識を示した。

 北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは、2016年2月7日に長距離弾道ミサイルが沖縄県上空を通って以来で5回目。

 安倍首相は29日午前に官邸で開いた国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合の後、記者団に「政府としてはミサイル発射直後から、ミサイルの動きを完全に把握しており、国民の生命を守るために万全の態勢を取ってきた」と述べた。

 また、トランプ米大統領と電話会談し、北朝鮮への圧力をさらに高めていくことで一致した。30日には韓国の文(ムン)在寅(ジェイン)大統領と電話会談する。

 トランプ氏は29日、声明を発表し、「北朝鮮の最新のメッセージをはっきりと受け取った。近隣国や全ての国連加盟国を侮辱した」と北朝鮮を非難した。その上で「脅迫行為は地域や世界中で孤立を招くだけだ。全ての選択肢がテーブルの上にある」とした。

 河野太郎外相は韓国の康(カン)京和(ギョンファ)外相と電話会談し、北朝鮮に対し国連安全保障理事会でより厳しい新たな制裁決議を採択する必要があるとの認識で一致した。日本側には北朝鮮への石油禁輸が念頭にある。

 日本政府は米国、韓国との3カ国で国連安保理議長国のエジプトに緊急会合の開催を要請した。緊急会合は30日午前(現地時間29日午後)に開催の見通しだ。

 今回のミサイルの飛行距離は2700キロ、最高高度は約550キロと推定される。約14分間飛行し、うち約2分にわたって日本の領空を通過した。日本海上空で3つに分離した可能性があるという。

 落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)外で、日本領域内での落下物や、付近を航行する航空機や船舶などへの被害は確認されていない。政府はミサイルの破壊措置は実施しなかった。防衛省は自民党の会合で「領域に向けた発射ではなかった」と説明した。

引用元: 日本列島を通過、北海道東沖に落下 安倍晋三首相「深刻かつ重大な脅威だ」(産経ニュース)

地対地中距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験を撮影した写真。朝鮮中央通信が配信(撮影場所不明、2017年2月12日撮影)

引用元: AFPBBニュース

抗議するのは当然として、もし北朝鮮が日本に対して、突然、無条件降伏を要求してきたら、我が国はどう対処するのでしょうか?

・・・とふと思いました。

まあ、これは普通に戦争を挑発する行為ですよね。もし日本の爆撃機が中国本土を通過したら、中国は撃ち落としませんか?それとも行き先が違うので、問題なしということで片付けられるものなのでしょうか?

北朝鮮に宣戦布告をされてしまう前に、日本は核ミサイルを撃ち落とす技術を確立して、その技術力を宣伝するために、日本海で公開実験をやるしかないでしょう。

[ 北朝鮮が日本に対し無条件降伏を要求 ]社会2017/08/30 10:50