トイレの水漏れ修理/自分で直す格安、激安、無料の方法

トイレの便器の中に水がちょろちょろ出ていて、気になっていたのですが、忙しいので放置していたら、水道代金がすごいことになっていました。そこで、早速、「トイレ 水漏れ 修理 格安」でインターネットを検索し(笑)、見つかった業者に来てもらったのですが、これがとんだ誤算で、悪徳業者ばかり来たので、ついに自分で直すことにしました。

見積もりの時に、水漏れの原因は突き止めてもらっていたので、楽でした。トイレの便器の中に水がちょろちょろ出ている様な時は、フロートバルブという、タンクの底部の鎖のついた黒いものが壊れているのか、ボールタップと言って、浮き球が付いた給水器から水が止まらないのかどちらかです。

今回、タンク内の水がオーバーフロー管の先端まで水が来ていて、水がオーバーフロー管の中に入って漏れていたという状況なので、原因はボールタップの方にあります。

これの直し方なのですが、至って簡単で、浮き球のくっついている金属の棒を曲げて、浮き球を現在の位置よりも下に下げればいいだけです。

どれだけ曲げるかですが、大体、オーバーフロー管の先端から2~3センチのところで水が止まるように曲げてやればいいです。

心配になるのは、この金属の棒を曲げてしまって、後で何か支障が出ないかですが、実は心配いりません。将来、この方法では直らない状況になったら、この部分は部品としてまとめて交換されるものなので、今の時点で曲げたとしても、後悔することはないだろうと思います。

これでお金を全くかけずに直すことができました。もっとも、所詮、便器は、人間の作ったものであり、いつかはすっかり壊れると思いますが、それまでは、この方法で寿命を延ばすことができるはずです。

[ トイレの水漏れ修理/自分で直す格安、激安、無料の方法 ]生活2014/12/11 15:00